トップに戻る

2012.07.01

与儀

犬島精錬所美術館・犬島『家プロジェクト』

宝伝の沖から南に約3km、岡山市唯一の有人島『犬島』

瀬戸内海の島々を舞台に開催する現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2013」の舞台となっています。

f:id:sanyojisho:20130410110852j:image
「石職人の家跡」 アーティスト 浅井 祐介 作品名: 太古の声を聴くように、昨日の声を聴く

f:id:sanyojisho:20130410114351j:image
かつての銅の精錬所の遺構

f:id:sanyojisho:20130410122019j:image
透明アクリル壁によるアートギャラリー 「S邸」 アーティスト: 荒神 明香 作品名: コンタクトレンズ

f:id:sanyojisho:20130410122222j:image
Anotherアクリル壁アート 「A邸」 アーティスト: 荒神 明香 作品名: リフレクトゥ

f:id:sanyojisho:20130410123555j:image
桜が遅咲きの犬島は今が満開です。

f:id:sanyojisho:20130410131611j:image
犬島由来の花崗岩「犬島みかげ」が自然に配慮した形で島の構築物として上手に活用されています。

これ以外にも犬島精錬所美術館内のアート作品(6つ)他、F邸など見どころ満載です。

各島のアートテーマは様々で、「直島のアートが『動』とすれば、犬島のアートは『静』、音楽に例えれば直島が『ロック』で犬島は『ヒーリング』です」・・・・との美術館関係者コメントが大変印象的でした。